ブログパーツ

【ポケモン】さいはい+おやこあいによるメガガルーラ4回攻撃

mega.png

メガガルーラのおやこあいは2回攻撃が可能である。

ヤレユータンは使用した技をつかわせることができる。

これらを組み合わせた際、
メガガルーラのおやこあい+さいはいで1ターンで計4回攻撃することが可能か検証した。



できますね( ^ω^)
動画だとナゲツケサルのレシーバーで
メガガルーラのおやこあいを受け継がせた後に
地球投げで試していますが。

WCSのルール上、メガ進化は使えないので公開しました。

追記:使用していたヤレユータンとナゲツケサルのボールがサファリボールではないかと
   指摘されましたが、ネストボールです。

【ポケモン】マシェード専用技「ちからをすいとる」の効果を検証した

マシェード

サンムーンの新ポケモンであるマシェードの専用技である
「ちからをすいとる」の効果や仕様を検証した。

仕様ポケモン



・マシェード:ちからをすいとるをおぼえている
       HPを1にするためきあいのタスキをもたせた
技の仕様が
ちからをすいとる
相手の攻撃力と同じだけ自分のHPを回復する。
そして相手の攻撃をさげる

といったものである。
ここで相手の攻撃力とは
・相手の攻撃実数値
なのか
・相手の攻撃種族値
なのかを調べる。
また攻撃実数値の場合、ランクダウン補正(攻撃力が下がった)は影響するのかを調べる。

・ガブリアス:どくづきとみねうちをおぼえさせている
        攻撃力がLv50で182
        攻撃種族値は130
・オシャマリ:攻撃力がLv50で85
        攻撃種族値は69

検証結果


動画をアップロードした

検証ではまずHP1の状態でちからをすいとるを行った時どこまで回復するか
→全回復

ちからをすいとる連打によって回復量が変化するか
つまり攻撃実数値の変化によって回復量が変化するか
→どんどん回復量が減っている

ランクダウンが8までいくとどうなるか
→相手の攻撃ランクが-6まで行くと回復することができない

回復量は何依存なのか
→攻撃の実数値であった
 オシャマリの攻撃力が85に対して85の回復を確認

【ポケモン】きんちょうかん+サイドチェンジによるバグの検証(ポケモンサンムーン)

BW2で一部の人しか知らなかったであろう
「きんちょうかん+サイドチェンジによるバグ」が直っているかいるか検証した。
なおBW2での記事は以下2つ
ポケモンbw2でのきんちょうかん+サイドチェンジによるバグの検証
ポケモンbw2 バグ検証追加記事 きんちょうかん+サイドチェンジによるバグ

バグ内容


きんちょうかん+サイドチェンジバグの内容は以下のとおりである。

場に
自分:サイドチェンジを行うポケモン+オボンの実など回復木の実を持つポケモン
相手:きんちょうかんを持つポケモン+全体技(味方にもダメージを与える)技を持つポケモン

1.サイドチェンジを行う
2.全体技を相手が放つ
3.緊張感を持つポケモンが先に倒れる
4.オボンの実を持つポケモンがHP0であってもオボンがその時に発動し、
  オボンの実分のHPが残る

といったものである。

検証結果


今回使用したポケモンとして
・全体技を持つポケモン:ゴローニャ
・きんちょうかんを持つポケモン:キテルグマ
・オボンの実を持つポケモン:ニューラ
・サイドチェンジを持つポケモン:フーディン
を使用

結果は動画で

ニューラは本来じしんによってHP0になって倒れるはずだが
きんちょうかんをもつキテルグマが先に倒れる仕様となっている(味方から倒れる)ので
きんちょうかんがなくなりオボンのみの効果が発動し
なぜか回復量36分だけHPが残ることに。

あとバトルビデオでとると動画と違い、
地震のダメージがまずキテルグマに入り、キテルグマが倒れて
オボン発動となっているみたいである。
※実際の戦闘だと全員同時にダメージが入っているのだが
NEXT≫
FC2カウンター
プロフィール

あららぼ

Author:あららぼ
【性別】♂
【職業】アマチュア社畜5段
主にポケモンとロックマン10ステージRTAをやってます

ポケモンORASまとめ
ポケモンXY 海外版用各まとめ
ポケモンXY関連まとめ
ポケモンBW2関連記事まとめ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめ記事
相互リンク・RSS
相互リンクおよびRSSの登録を募集しております。 URL:http://araralabo.blog118 .fc2.com/ RSS:http://araralabo.blog118 .fc2.com/?xml
リンクしていただいた方はこちらの記事にコメントをしていただければ幸いです
最近のゲーム
Powered by amaprop.net
リンク

このブログをリンクに追加する