ブログパーツ

【ポケモン】カントークラシックのサンプルパーティまとめてみた【カントークラシック】

カントークラシックでKPが高そうなパーティ、またはコンセプトパーティを
とりあえず7つ書いてみた。

自分のパーティの構築やこのパーティと対面した際に自分のパーティからどのように選出するか、
また対戦時どのように立ち回るかの参考にしていただければ幸いである。

■対面構築
149.png145.png130.png094.png065.png068.png
1vs1に強いポケモンと特定ポケモンで詰まないようにカイリキーを入れたもの。
攻撃・特攻・素早さが高く、役割論理寄りになりそう。

■受けループ
080.png143.png003.png145.png059.png130.png

物理受け:ヤドラン、サンダー、ウィンディ
特殊受け:カビゴン、フシギバナ、ギャラドス
ただし努力値振りは調整。
例えば、カビゴンをB振りにするとカイリューのばかぢからや逆鱗の確定数を調整できる等。
また、ヤドランはさいせいりょく、なまける
    サンダーは羽休め
    フシギバナはやどりぎのタネ、こうごうせい
と回復持ちである。
問題はステルスロックがないので
カビゴンをラッキーもしくはピクシーにして
ステルスロックラッキーorピクシーによる運用が良いかもしれない

■晴れパーティ
038.png003.png103.png091.png149.png145.png

今大会唯一の特性による天候パーティである。
ナッシーは今回道具が持てないので特性はようりょくそにすることに注意。
キュウコン+フシギバナorナッシー+炎、竜、水対策用ポケモン(パルシェン、カイリュー、サンダー)の選出か。

なおナッシーの草・エスパーは今回出場するタイプに対してすべて等倍以上を取れる
(悪タイプがいないこともあって)

■壁積みパーティ
145.png149.png130.png091.png113.png076.png

本当は初手壁張りとしてマルマインでその後、大爆発という展開もあるがそのために
パーティの一枠使うのはもったいないので壁張り役割としてサンダーとした。
壁張った後にボルトチェンジにつなげて積む。
また壁でなくても追い風でもよいかもしれない。その場合、後続は積みより高火力重視にする。

カイリュー:りゅうのまい
ギャラドス:りゅうのまい
パルシェン:からをやぶる
ラッキー:ちいさくなる
ゴローニャ:ロックカットorボディパージ(草結び対策)

■カントーカップ使用率上位パーティ(ジュニアの部)
149.png091.png094.png145.png068.png080.png

記事前回の大会:カントーカップ使用ポケモンランキングが発表されましたで書いた内、
ジュニアの部の使用率上位ポケモンで構成したパーティ
※ただし電気タイプのダブりは上位の電気タイプを使用し、もう一匹の電気タイプは下の使用率のポケモンにした

■カントーカップ使用率上位パーティ(シニア部)
149.png091.png080.png068.png094.png135.png

記事前回の大会:カントーカップ使用ポケモンランキングが発表されましたで書いた内、
ジュニアの部の使用率上位ポケモンで構成したパーティ
※ただし電気タイプのダブりは上位の電気タイプを使用し、もう一匹の電気タイプは下の使用率のポケモンにした

■カントーカップ使用率上位パーティ(マスターの部)
149.png080.png091.png094.png143.png068.png

記事前回の大会:カントーカップ使用ポケモンランキングが発表されましたで書いた内、
ジュニアの部の使用率上位ポケモンで構成したパーティ
※ただし電気タイプのダブりは上位の電気タイプを使用し、もう一匹の電気タイプは下の使用率のポケモンにした



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
プロフィール

あららぼ

Author:あららぼ
【性別】♂
【職業】アマチュア社畜5段
主にポケモンとロックマン10ステージRTAをやってます

ポケモンORASまとめ
ポケモンXY 海外版用各まとめ
ポケモンXY関連まとめ
ポケモンBW2関連記事まとめ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめ記事
相互リンク・RSS
相互リンクおよびRSSの登録を募集しております。 URL:http://araralabo.blog118 .fc2.com/ RSS:http://araralabo.blog118 .fc2.com/?xml
リンクしていただいた方はこちらの記事にコメントをしていただければ幸いです
最近のゲーム
Powered by amaprop.net
リンク

このブログをリンクに追加する