ブログパーツ

【ポケモン】アクアリングバトンの回復量検証

検証

【追記】
調べてみると僕以外これやってる人いなさそうでした。
アクアリングした後、バトンタッチをした場合、
アクアリングでの回復量は
・アクアリングを使用したポケモン
・バトンタッチにより出てきたポケモン
のどっちなのかと下のカントークラシックで使用しようと思っていた
「アクアリングバトンによる無限がんじょうイワーク構築」を
考え中に思ったので検証してみた。

wikiやポケモン対戦考察にはアクアリングの仕様として

  • 毎ターン、使ったポケモンのHPを1/16回復する
  • バトンタッチで引き継がれる

ポケモンwiki アクアリング (状態変化)より


といったような書き方でしかなかったので。

検証条件
・サクラビスにアクアリング、バトンタッチをおぼえさせている
・サクラビスはレベル50でHP152なので回復量がこちらに依存するなら9である(小数点以下切り捨て)
・イワークは特性がんじょうとしている
・イワークのHPが55なので回復量がこちらに依存するなら3である
・バトンタッチした後のイワークにひんしのダメージを与えてがんじょう耐えさせ、
 その後のアクアリングでの回復量を見る。

結果・・・
BV:NCHG-WWWW-WW3J-WJUE

回復量が3だったのイワーク、つまりバトンタッチ後のポケモンのHPに依存します
無限がんじょうできませんでした( ´◔‿ゝ◔`)

以下は上記検証前の妄想であった。


カントークラシックでのみ通用しそうな構成
今回持ち物がないのでリサイクルコイルのような無限ループ系
が出来ないかなっと思っていたが、
2対なら何とかできそうだと思い、考察

アクアリングの仕様として

  • 毎ターン、使ったポケモンのHPを1/16回復する
  • バトンタッチで引き継がれる

ポケモンwiki アクアリング (状態変化)より

とあったので、
もしかしたらH振りシャワーズでアクアリング後
バトンタッチでがんじょうもちポケモンに変えればできるのでは。

使用するポケモンと技構成はこちら

ポケモン名とくせいわざ1わざ2わざ3わざ4
シャワーズ
134.gif
ちょすいアクアリングバトンタッチ
イワーク
095.gif
がんじょうほえるステルスロックすなあらしすなじごく

※?は自由枠

がんじょう持ちとしては
・イシツブテ
・コイル
・イワーク
といたが、
・ステルスロック持ち
・ほえる、ふきとばしが使える
・しめつけるやすなじごくといった定数ダメージが使える
などを考慮するとイワークが一番適任だと考えた。

H252シャワーズのHPが237であり、その1/16が回復量になる。
小数点が切り捨てされるので回復量は14となる

レベル1のイワークは個体値31の場合、HPが12となるので完全回復できる。

立ち回りとして、

①初手シャワーズでアクアリング、次のターンバトンタッチでイワークに
②イワークでステルスロックを巻いて、すなあらしやすなじごくorほえるにて定数ダメージを稼ぐ

といったところか。

従来の無限がんじょうループと同じで
弱点としては
・状態異常
・ほえる、ふきとばし
・連続攻撃(今回だとパルシェンのつららばりやゴローニャのロックブラストなど)
である

面倒なのはレベル37までそだててすなじごく覚えさせることくらいか( ^ω^)



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
プロフィール

あららぼ

Author:あららぼ
【性別】♂
【職業】アマチュア社畜5段
主にポケモンとロックマン10ステージRTAをやってます

ポケモンORASまとめ
ポケモンXY 海外版用各まとめ
ポケモンXY関連まとめ
ポケモンBW2関連記事まとめ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
おすすめ記事
相互リンク・RSS
相互リンクおよびRSSの登録を募集しております。 URL:http://araralabo.blog118 .fc2.com/ RSS:http://araralabo.blog118 .fc2.com/?xml
リンクしていただいた方はこちらの記事にコメントをしていただければ幸いです
最近のゲーム
Powered by amaprop.net
リンク

このブログをリンクに追加する